日々できる病気予防

高齢者が行うべき病気予防

病気にならないための予防活動

病気にかかってしまうと、病院に通院しなといけないのは勿論、最悪の場合、入院をする必要があります。自宅を離れ、病院で生活をするのは、思っている以上に大変なことです。高齢者の入院となれば、本人だけでなく、回りの家族も付き添う必要があり、仕事を休む必要性も出てきます。これらのことから、病気にならないための予防が必要といえます。予防といっても、難しいことをする必要はありません。毎日少しでもよいので、散歩をしたり、アルコールを控えめにしたり、それだけのことで良いのです。そして何より、それらを毎日継続することが大切になります。

高齢者の生活習慣病予防

高齢になると免疫力や体力低下に伴い病気になる確率は高くなります。高齢者になると主にかかりやすいのが、糖尿病や高血圧などの生活習慣病、認知症、骨粗鬆症、脳卒中、心臓病、肺炎などが挙げられます。特に糖尿病や高血圧が他の認知症、骨粗鬆症、脳卒中、心臓病などにも影響してきますので生活習慣病予防が1番大切になってきます。高齢になると体力の低下により動くと疲労も多いため、動きたくない人も少なくはありませんが病気を予防するには毎日散歩程度でも良いので30分くらいは歩くことが大切です。認知症などにはテレビゲームが脳の活性化によいと言われています。

↑PAGE TOP