病気の高齢者を訪ねる

病気の高齢者のいる施設

病気で施設にいる高齢者を訪ねる

病気で施設に入所している知り合いの高齢者がいるならぜひ訪ねましょう。では、その際にどんなことに気を付けるべきでしょうか?それは、長居しないということです。いくら相手が喜んだとしても、やはり長居は禁物です。病気の度合いにもよりますが、20分ぐらいが良いでしょう。20分くらいですと自分が訪ねた相手のみならず、施設に入所しているほかの人や職員の方にも迷惑にならないでしょう。さらに大切なことは、時間帯です。食事時間はさけて訪ねるようにしましょう。マナーをきちんと守るならきっと有意義な訪問となるでしょう。

高齢者施設を訪ねる際の注意点

自分の知り合いや友人、さらには親族などが高齢者施設に入所しているなら訪ねて行くと喜ばれるでしょう。しかし、その際に気を付けるべきことがあります。それは、施設には病気の人や具合が悪い人も入所しているということです。ですから尋ねる際には、大勢で行かないように気を付けましょう。また、小さな子供や赤ちゃんを連れて行くと、泣いたり騒いだりする場合があります。病気の人や具合が悪い人に迷惑をかけてしまう場合がありますので気を付けましょう。さらに、手土産をもって行く際には日持ちのしないお菓子や生ものは避けましょう。

↑PAGE TOP